iPod touch

私やなくて娘のん。

洗濯機で回してもうた・・・・というnano5世代を彼氏から譲り受けていた。
洗濯機で回したけれど、動くという状況で貰い受けた、それが
とうとうイカレてもうた。

それに責任を感じたのか
誕生日でもなくXmasでもないので
touchをプレゼントしてもらったらしい。

ええなぁ〜〜〜と、さっそくPCに繋いで曲を落とし入れる娘やけど、
ホンマに使える?って思ってしまう様子。
Wi-Fiでネットにつなげるっていうから
さっそく、我が家の無線機に接続してみる。
当然、母さんやって・・・なので私が設定する。

そして、私のサイトを観る。
うぉ〜〜〜とやたら興奮する次男と私。
こんなんにやたら食らいつくのは次男と私。
おもろいやんかぁ〜〜これ。
ブラウザはsafariやし。当たり前か、リンゴ社やもんなぁと
次男と興奮しまくり。

FacebookもTwitterもアプリ入れたら
ほんま使えるやんと思う私。
スマホを買えば、これらの機能と携帯電話が使えるらしいが
デカイねん。
でかすぎやねん。

持ち歩くのにデカすぎやん。
ここがスマホに一歩踏み出せん大きい理由。
music-playerとしても、touchに踏み出せん理由。

愛用のクリップタイプ、nano6世代は小さくて持ち歩くというか
着け歩くのにこれ以外ないやろと思う私は、
せや、これはこれとして、
携帯は携帯として
そして、touchはtouchとして使い分けるのがええかもしれん・・・と
touchが欲しくなる。

が、それよか、Macよなぁとは思っているが。

子どもらには母さん、それ(このPC)はどうするん?
って云われる。
いや、windowsとMacは違うから、
仕事のネタにMacはいると
ここ数か月後には買う意思を表明。
お金、貯めてから。

ふと思い出す。
娘が1歳や2歳のとき
毎日曜、私たち母娘をほったらかしにバス釣りに夢中やった旦那。
気が引けたのか
「お前のなんか好きなもん買ったらええで」と。
「いや、今は別に何もいらん。そのうち買う。」
思いだした!
そうそう、こんときのそのうちがまさに今!今やん!
って嬉しくなる。

しやからってほなこれ!ってバナナを買うごとく、
買い物籠に入れれたらいいけど、」リンゴはそう簡単にはいかん。
堅実な人生を歩んでいるゆえ
後先を考えて、まぁ、近々ということやけど、
娘のtouchをみてMacへの思いは一層膨らむ私でございます[ちょき]