お年玉の準備

クリスマスもそこそこに
年賀状はとりあえず頼まれたものは完了で
旦那の仕事用&我が家用はいまだ手を付けれず・・・・

でふと思い出す。
お年玉の準備。

ぽち袋は年賀状を買ったときに郵便局の馴染みのおっちゃんが
くれはったのがある。

お札の用意。
というたかて、去年までは兄ちゃんとこの子ども、
いわゆる姪っ子甥っ子3人分と我が家の3人分を用意していたが
今年から姪っ子甥っ子はなし。
我が家の3人だけとなる。
いや〜一応、今年のお正月は用意して実家に預けていた。
我が家の次の日にやってくる予定の兄一家。
母に
「兄ちゃんところからうちの子らにってお年玉を預かったら
これ渡して。
そうでなかったら渡したらあかんで!」と預ける。

あったりまえやん!

お父ちゃん、まぁ嫁にしたら舅の世話どころか
お見舞いにすら顔を出さへん奴らに
なんで渡さんならん。

っで、お正月がすんで有馬の帰りに実家によると
私が預けたぽち袋はそのまんま。
なのでそれは持ち帰り、我が家のこどもらに渡す。

いったん、出したもんはひっこめん。
行き先が変わっただけ。

ということで
今回ははなから計算に入れず。

旦那は一人っ子ゆえ、
姪っ子甥っ子っていうたら兄ちゃんとこだけやけど、
友達の子どものほうが可愛い。

微妙なこの血のつながり。
いらんわ〜〜

お母ちゃんには
私らが行く日には兄ちゃんらを来さすな!
正月早々、気分悪いもん、見たない。
しつけがなってないガキ、正月から怒鳴りたないしと警告する。

それでも娘より息子がかわいい母(私も両方いてるからわからんでもない)は
兄ちゃんの孫もかわいいらしい。
というか、どうも出来の悪い息子がかわいいらしい。
そしてそれに付随する出来の悪い孫もかわいいらしい。
嫁の不出来さにも甘い母。

ん〜〜知ってる?
お宅の娘は婿(わが旦那)の親にはそんなええ扱いされてまへんで。
まぁ、ここは
一人息子だけが可愛いだけで
孫もその嫁もどうでもいいというだけやねんけど。

わが娘ながら
私の厳しさはどうもしんどいらしい。
それをひしと感じる今日この頃。

いやいや、私まで不出来やったら
おたくら2人、どないもこないもですやん。
おたくら2人の保護者、私ですやん。
と言いたいのもこらえつつ、
なんせ相手は高齢者。
なるべくなら穏やかに過ごさせたろという娘心。

だが、嫌なものは嫌。
兄ちゃんは別として(ここはやらしいが血のつながりやわなぁ。)
兄ちゃん一家とは会たくないねんで貫く。

おかげでその分、我が家のお子達にお年玉、多少なりとも上乗せしたろ。
他にいただけるところといえば
父の妹の叔母ちゃんだけし。

毎年、中高生のお年玉が何万っていうニュースを横目に
1万超えるか超えないかという状況のわが3人。

そんなあれこれを思いつつ、
我が家の子やから
別に新札でなくてもいいやんととりあえず枚数を確保できた。