ホテルカリフォルニアぐらい・・・

来年3月1日、京セラドームで行われるイーグルスのライブ。
朝刊広告で見た夜、何の気なしに
イーグルスのライブに行きたいよなぁ〜なんていうと
うっそっ!俺も行きたいって乗ってきた旦那。

行く?というと
行く行くというから
次の日の最速先行販売とやらの開始11時からってので
チケット購入。

おひとり様12,000円のチケットを2枚。
よっ太っ腹!

その夜、
よ〜考えたらホテルカリフォルニアぐらいしかまともに知らんような気がする。
それでよ〜行くっていうたなぁと言われつつ、
今から勉強しますわと私。
いや、ほかにも聴いたら知っているってのはいくつかある。
イーグルスというよりか
単独アーティストとしてなら存じ上げているという私。

まぁ3月までまだ間があるし、ぼちぼち勉強しまっさ。

本音をいうと
何をおいても私はU2のライブに行きたい。
ボノに逢いたい。

おおかた20年前に行ったのが最後のU2ライブ。
私も年齢を重ねたがボノもそれ相応に年齢を重ね、
ますます渋くなってはる。

U2なら2万円でも行くなと思う私。
一人でも行くし。

高校生になってから
洋楽に傾倒していっている長男。
友達に家にあるCDを貸してもいいかと、
母さんおすすめはどれ?というから
当然、U2とGREEN DAY やと。

特にU2は世界最強のロックバンドやと、
友達にいうとけという。

がしかし、その若人はU2よりGREEN DAYにはまったらしい。
なんでやねん。

わが長男は裏道少年(バックストリートボーイズのことを私はこう呼ぶ)から
Jetにはまっていて、
これはまぁ、ええ流れやと。

私、裏道少年はいまいちピンとけ〜へんけど
Jetはかっこええ。そこに流れるのは
超真面目なヤツにしてはええ傾向。

しかし、曲云々より、
京セラドームにしろ、城ホールにしろ、
私のこの目では一番前でもまともにお顔を拝見できない。
なので同じ時間を共有するというところに意義を見出すべきやと言い聞かせる。