90まで生きるらしい・・・

土曜日は叔母(父の妹)を連れて有馬に行ってきた。
阪神芦屋のホームで待ち合わせをしてそこからは病院バスに揺られる。
79歳の叔母は独り身(結婚をしていない)ゆえ、
頼る人がいないのもあってまぁしっかりしてはる。

「この前なぁ金比羅山に登ってきた!」と言う。
金比羅山には私は行ったことがないので
あちこちの話で想像するだけやけど、
どこそこまでが400何段でその上にまた200何段の階段があるとか。

「なぁ、それ登って、また降りたん?」
「降りやな帰ってこられへんがな!」
ごもっとも・・・・
この叔母。
学校を卒業してから定年退職までずっと同じ会社やったのもあるし
父とほぼ同額ぐらいの年金をもらってはる。
おまけに独り身。
旅行(国内のみ)が好きで北海道の雪祭りなんて
あほほど行ったはる。
それぐらいがお金の使うところなので
そこそこ預貯金を持ってはる。

お金のあるところには
それを無心するやつがいてる。
甥っ子、姪っ子たちがそう。
叔母の残っている兄弟は父だけ。
仮に父より先に叔母が逝くと遺産は父のもとにくる。

それは困る。
もめるもと。
一日でも父より長く生きてもわらな困る。

叔母は
「90まで生きやなあかんねん。90になったら母親(私からしたら祖母)の
50回忌ができる。だから90までは死なれへん!!」という。
「そりゃぜひとも頑張ってや!
ほんでな、持っているお金、全部使い切らなあかんで。
置いといたらもめるもとやで!!」と私。

お金持ち体質、
または
お金持ちになれる資質
がない人間が
ある程度かたまったお金を持つと
その持ちように支障をきたす。
あれこれいらんことに気がいったり、
周りからいらんことを言われたり、
もめるもと。
お金は自分が管理できるだけあったらいい。
自分の手に余るようであればどこぞに寄付すればいいのに。

有馬の父は癌の疑いもありつつを保持しながら
血色がいい顔色と食欲にあふれている。
元気そうでなによりですわ。

TVショッピングのセールス電話

今日は月末で忙しいちゅうのに電話。

旦那も私もwebサイトで仕事用の電話番号と掲げている電話が鳴った。
話の内容によってこれは旦那の仕事、私の仕事とわかるが
さっきのセールスの兄ちゃん。

どっちやねん?って話。

ていうか、テレビショッピングでものを売るっていうから
たぶん私やろう。
ジャパネットたか○をイメージしてもらったら・・・といい、
1月限定で通常、出演料が50万のところ35万でって。
番組は衛星やったかCS放送やったか、なんやそんなん。
35万でその枠で宣伝ってボランティアやん。
量産しているものやなし・・・
そういう場で売るものでもないやろ。

にいちゃん、何を売っているのかわかっているん?って思う会話。
手当たり次第にかけてるのか?
うさんくさい。

35万支払って割あいませんわ!と断っているのに
当社は1カ月間受け付けるシステムなのでその期間に・・・って
しつこい。

だから、何を売っているのか知っているのか?って言う話。

電話がかかってきても私は名乗らないので
(どっちの屋号をいうべきかと迷うから)
いつもはセールスの兄ちゃんはこちらの職業を確認しはる。
その時点で、これは旦那の仕事にかかってきたとか
私の方とかわかる。

それが今日の兄ちゃんはそんなことも一切なくやしな。
そんなんで仕事とれるんやろか?
第一、いうたはる番組見たことないし、知らんし、
てかテレビ、今見ぃひんし。

かけるとこ間違うてはるとしかいいようがない。

そんなんでひっかかる人、いてるねんやろか?
いてるからこんな電話がかかってくるねんやろな。

わが旦那がひっかっかったどうしょうない業者は
裁判沙汰までおこして(私がおこした。)いまだ未納。
旦那に聞くとうちより20万ほど多い売掛金を支払ってもらえず・・・で
あきらめた知人がいてるとか。
たぶん、他にも100万未満であきらめている人、いてるみたいやし。

というてその悪徳業者、いまだ健在しているようやし。
あほぬかせ。
次の手じゃ!とあきらめきれない私は裁判所に電話する。

その悪徳業者はなまいきにもwebページを持っていて
そこに東北地方の地震の被害者にむけて・・・って
偽善者ぶりを発揮している。

知らん人が見たら騙される。
これだけでもwebページは額面通り信じたらあかんということや。
と、webページを運営している私がいうのもなんやけど
所詮、その後ろにいてる生身の人間を見やなあかん。
そこを見極めな。

ええ加減な輩にこの忙しい私は頭ぶち切れの10月最終日をあと少し。
あかん、急ご・・・[ダッシュ・・]