バスの最後尾はあかんわぁ。

昨日の有馬行き。
病院の送迎マイクロバス。
補助席を使って30名ほど乗れる。

一応、この送迎バスは職員用で、
その空スペースを患者のご家族さんもどうぞという病院のご厚意で走っている。

なので、私は娘と私や、叔母と私で行くときは利用するが
娘、息子二人と私になると阪急バスを利用する。
無料で乗せてもらうのにそない大勢はあかんやろ・・・と。

そんなバスにときどき
おばちゃんのグループが乗る。
おばちゃんっていうたかて
おばちゃんからおばあちゃんへ移行する年代。
自分たちの友達が入院しているらしく、
5,6人が誘い合わせて乗る。

昨日もそういう連中が
JR芦屋から乗っていた。

このバスはJR芦屋から阪神芦屋、阪急芦屋川と回って
芦有道路へと上がっていく。

私はいつも阪神芦屋から乗る。
いつもは余裕ありで座れるのに、
昨日はすでにほぼ満席。
空いているのは一番後ろ。
そこに座る。

阪神芦屋で満席となり
あとは補助席利用になる。
芦屋川からの人はみな補助席。
昨日はぎりぎり座れたが
日によっては補助席にも座れず、
乗車できない人も出てくる。

いくら無料とはいえ、
お見舞いできゃっきゃっとおしゃべりな
おばはん連中は
自腹で上がれと思う瞬間や。

昨日のバスはまた
お尻を思いっきり左右に揺さぶりながら山を上がるから
最後尾の私は胸のあたりがやばくなってくる。

やばくなってくる前に眠りにつきたかったが
その前になんだかあやしい状況を察知した私は
寝るに寝れず、
頼むから早くついてくれ〜〜〜と願うばかり。

へろへろちんで無事に到着。
昨日は入院代の支払いがあったので
受付でその処理をして、
いつもどおりにロビーの血圧計で血圧を測る。

上が120手前と私にしては高め。
私はいつも100あるかないか。

ふらふらちんの体で
父がいる3階まで階段で上がる。
エレベーターもあるけれど、
車椅子の人が乗ったりしはるので
一人のときは階段を利用。

へろへろちんの私は3階までやっとたどりついた感でデイルームで
他の人と一緒に
あほほど大きいボリュームのTVを観て、
昼食時間待ちをしている父のところに行く。

昼食のあと、歯磨きをしている最中の父。
ぶくぶくぺ〜をするのに
飲み込みかけて咳き込む。
咳き込みながら顔を真っ赤にしてうなりだす。

えっ!どしたん?お父ちゃん?大丈夫か?
背中をさすりながら、
「大丈夫か?」と言うが本人は真っ赤な顔で
「うぅ〜〜」って唸る。

え〜〜〜息がでけへんのか?
誤嚥か?
他の人のところにいてはる
ヘルパーさんの姿が見えるし
大声で呼ぼうかと思ったとき
「出よらへん」って父。
「何が?」
「便や!」って
「え〜〜今のはきばってたん?」
「せや」
「せやってあんた、ややこしいことせんといて。息がでけんようになったか思たやんか!」

頼むでお父ちゃん。
私は今日はへろへろちんなんや!って思うが、
まぁ、便やったらええわ。

そんなこんなの有馬をあとにして
母がいてるハイツによって
19時前に帰宅。

あ〜〜〜しんど・・・