ケツメイシライブチケット♪

ひっさびさにドキドキしながら携帯で申し込む。
迷いに迷ったすえ、3月の大阪と5月の神戸を申込む。
アリーナ席(ブロック指定)とスタンド指定席も迷いに迷ったが
両方スタンド指定。
アリーナのブロック指定なんてそんなパワーはおまへん・・・・

申込みと同時にカード決済手続きやし、
外れるってことはないやろうとふむ。

ていうか、めっさドキドキして1公演目の大阪分の申込みボタンをオンしたときに
旦那から電話。

どないや〜〜まだ吐いてるかぁ?
と珍しい。
仕事、今日は暇なんや。
ん〜〜私は今、それどこらやないちゅうねん・・・・・
大丈夫、あれから吐いてへんし寝てる。

そっか・・・・
なんとかウイルスっていうやつとちがうんか?
ノロかロタかどっちをいうてると思いつつ、
え〜〜わからん。
○○さん(金曜日に契約にきたおっちゃん)ってよ〜しゃべりはるなぁ・・・
ってまだ続けるか・・・

私はいま、それどころとちゃうねんしぃ。
私の頭ん中はケツメイシが回ってる。

よ〜しゃべりはるやろぉ。ほな!と切る。

え〜〜チケット申込みオンは生きてるん?って心配になる。
確認画面でみると大丈夫そう、
なので引き続き、神戸公演を申し込む。

抽選っていうたかて
ほんまマジで、
嵐やないねんし、
カード決済手続きもしてんし、
絶対行けるわ。

この前もコブクロのライブに行く娘のために
オンラインでチケット申し込み、抽選っていうのに
その場でカード決済手続き。
そしてその翌日にはカード会社から取引メールが届く。
この時点で当選にちがいないと
数週間後、当選メール。

コブクロでさえ、これやもん。
コブクロとケツメイシやと
コブクロのほうが幅広く人気があるように思う。
ケツメイシフリークであるが
このあたりは客観的に見てもコブクロやろ。

コブクロと嵐やと嵐やけど・・・・

ということで
来年の手帳にその気満々で予定を書き込む。
ケツメイシライブ・・・・やて[♪]
笑いが出てきてしゃ〜ない。

朝から、ケツの穴上級編のDVDで予習に余念がない私。
しかしながら、イーグルスの予習もしやなあかんのにこれが
CDがなかなか届かない。

ということで本日の一番大きな仕事を終えた。

が、何いうても気になるわがご子息の体調。
トイレに起きたきた顔は朝よりすっきりしていたが・・・・
病院に行くにも雨やし、
ノロかロタか
はたまたただのお腹にくる風邪なのか、答えはいずこ・・・・

久々、夜中にたたき起こされる

娘が「母さん、母さん」と呼ぶ。
長男が吐いたらしい。

夕方、部活から帰ってきてしんどそうやったし、
食欲もなく、
いまいちお腹の調子が悪そうに早々に布団に入った。

「吐くと思ってた・・・」と
メガネをかけて時計を見る。
3時をさしている。
時計止まってるんやろか?

娘に「いま、何時?」と聞くと
「3時」
時計止まってないんや・・・と
ここまで数秒の話。
長男の布団のシーツをはずし
夜中に風呂場で洗濯ですわ。

トイレから出てきた張本人は青白い顔をしながらも
ところどころまき散らしのブツをティッシュで拭きとっている。
真横で寝ている次男坊主は
夢の中。
旦那は気づいている様子だが出てこない。

娘は
「ノロウイルスとちゃうん?うつるやん。」って。

「しょうもないこというな!」と私。

ノロか・・・
そういえば、1歳過ぎから小学校に上がるまで毎年この時期になると
ロタウイルスにかかっていた長男。
ノロやのうてロタちゃうん?って心の中で突っ込むが
ロタは高校生はならんわなぁ。

4時前に寝て、5時に起きて、
夜中の大騒ぎを知らんぷりしてた二人のお弁当を作る。
6時に次男を起こし、
夜中の事件を知ってるか?と聞くが知らん・・・・やと。
幸せやなぁ、あんた・・・・・

結局、朝には熱も出てきて、
なんやねん?
のど乾いたと飲んだ水もまた戻すし、
お腹はピ〜〜やし。

病院に行くか?というと
今は動く元気なし・・・と。

とりあえず、学校に電話。
名前をいう。
聞き返される。
一文字ずつ大きい声で言う。
事情を説明する。
担任の名前を聞かれる。

下の名前は覚えているが
上の名前がわからんから
なんたらレイコ先生という。
幼稚園の先生か?

お母さんですね?と確認される。

そんなに声、若いか?

ちゃうちゃう、欠席の連絡は保護者からが必須やからなだけ。

それにしても、思い出すのは、
長男が2歳すぎの11月。
生まれて2か月ほどの二男はまだ首も座らずのとき。
吐き下しのロタになった長男の手をひいて、
首の座らん次男を抱っこして
次男の紙おむつと長男の着替えを詰めたカバンを娘に持たせ、
タクシーで病院に向かったあの日。

本当なら、吐き下しで脱水症状でしんどいから抱っこして連れていくところを
次男を抱っこしている私なので抱っこできない。
3人の真ん中ってほんまつらいよなぁ。
まぁ、おかげで一番根性あるし自立はしている。

そういえば、二男は吐くということがほとんどなくきている。
まぁ、ヤツはヤツで鼻血の海に顔を突っ込んで寝ているなんてことはしてくれたが。

で思うわけだ。
こうやって吐き下しの処理をしてくれるから
子どもはみな、お母ちゃんが大好きなのよ。
いくら外でせっせと働いても
夜な夜な吐き下しの世話をしてくれるお父ちゃんはめったにいてへんわなぁ。
ここよな。
子どもがお父ちゃんよりお母ちゃんが好きなところ。

そんなことを感じた本日。
あ〜〜しんど・・・・