そない怒らんでも・・・

取引先というか
微妙に違うねんけど。

簡単にいうとそんな感じ。

その担当のお姉さん。
気持ち、わからんでもないが
その立場もあるし
そうやろうとは思うが、
なかなか期日に提出しないわが社に
怒り心頭の様子。

そない怒らんでも・・・って感じ。
ていうか、
本質的に
立場が違うのと
会社の形態が違うのと
なかなか相手の状況が把握できないというのもあろうかと
思うんやけど・・・

怒り心頭のメールに
若いなぁ〜と思ってしまった次第。

なんせ、半分公務員的な感じなのがよくないのか、
中途半端にかたい、細かい。

最初の会議で
こんな細かいこと、うちには厳しいでと思ったが
その通りの状況。
予想どおりで私はどうしょうもない。
最初っからこうなることはわかってたし。

話かわって、金曜日に旦那の仕事関係の人が契約を交わしに来はった。
業界によって
契約書に対する意識というものがずいぶんと差があるのは確かで、
その中で契約書を交わしてもらわなという私に対して
おっちゃんは
「奥さん、かたいでんなぁ」と。

ていうかなぁ、業界自体がなんやええ加減なとこあるし
やくざな商売的なとこもあるねんし、
そりゃ、契約書はお互い様のことでと
200円の収入印紙を貼って、はんこを押してもらう。

私はかたいんだかやわらかいんだか・・・と思うけれど。

旦那の仕事の業界と
私が働きに行ってる業界は
またてんで違う。
その両方に顔を突っ込んでる私は
ええ戦力になると思うのか
そのおっちゃんとあれこれ仕事の話で盛り上がる。

ていうか、この業界のおっちゃんはICTに疎いから
そこの話を聞きたがる。
なんにし手間ですわぁ。とだけ言うとく。
私がコツコツと仕入れたネタ、そう簡単に教えられまへんわ。

そんなこんなで小一時間、しゃべって帰りはった。
夜帰宅した旦那に
「小一時間、しゃべって帰りはったで」というと
「お前がまたぺらぺらしゃべるからやろ」と言われる。
はずれではないけれど、
私の存在をアピールしとかななぁ。

しかしながら、
バックに大きいところがついてる人と
そうでないところとをみると、
どっちがええとも悪いともいえん。

かたすぎるのもよ〜ないし
かというて
ええ加減すぎるのもよ〜ない。
程よいさじ加減で
柔軟に対応できる、営業能力っていうのがこれからの時代
必要やで、わが息子たちよ・・・・・