中学生の喫煙

娘が言う。
「今って中学生は夏休みなん?」
って。
何を今頃・・・と思うが
彼女、まだ夏休みではない。短大生はつらいなぁ。

「え〜すでに夏休みになってるで」と返答。
「昨日、学校行きし、○○マートの前で中学生がたむろしてタバコ吸うてた
。」
と。

「そういうときは母さんに一報して。学校に一報するし。」と私
「母さん、昨日、仕事やったやん。」
そうや、一報もうても学校に一報できんわ。
しかし、なんでそう生き急ぐ。
とりあえず、中学時代にしかでけへんことを楽しもうなと思うねんけど・・・

中学時代ならではの
部活とか勉強とか・・・

タバコはそのうち吸えるようになるやん。

あかんと禁止されているものをしたい年頃でもあるし、
大人びたことをしたい年頃でもあるのもわかるが・・・・

先週のお習字のとき。
先に帰ってきた次男に
「兄ちゃんは?先に行ったのになんでアンタのほうが早いん?」と聞く。
「兄ちゃんなぁ、集会所の裏でタバコ吸うてるからちゃうかぁ。」と
うそぶく次男。
それに乗っかり、
「うっそ!あいつ、影でそんなことやってんのんか[ハビ]」と私。
「せやでぇ〜〜母さんに云うたらシバクって云われた。」って次男。
「え〜〜アンタ、口止めされたのに云うてるん[ハビ]
それは裏切りちゃうん[はてな]」
とそこに長男帰宅。

「なぁ、なんで遅かったん?」と聞く。
「今日はなぁ、頑張ってちょっと多く書いててん。」と真面目に応える長男。
「ふ〜〜ん。なんかなぁ、集会所の裏でタバコを吸うてるってガセネタがあるねんけど」ってふる。
真顔で
「ボクがそんなことするわけないやん。誰が云うたん?」
「そこのにチビ」って次男を指す。

本気の怒り出す長男。
そこで娘が
「アンタがそんなことせ〜へんって分かってるがな。
冗談やがな。」って止める。
「当たり前や。タバコ吸うたら背が伸びひんようになる。」
とヤツのもっかの悩み。
背が高くなりたい・・・という
切なる願いを口にする。

私もあわてて
「冗談やがな。」という。
間違ってもあんたがそんなことするなんて思ってへんがな。
いやいや、こういううちの子に限って発想は危ないな・・・

学校、校舎裏でタバコを吸う奴らの存在を知っている次男と
そういう悪態が全く見えず、聞こえずの中学生活を送った長男の違いを具間みる。

発掘ふれあい館♪

先日の竪穴式住居ネタを見て
友達からメール。

実は一般公開されているらしい。
発掘ふれあい館をいう名称で、火おこしの体験もさせてもらえる。
(ヤツは近眼のくせに格好をつけて家と授業中以外は眼鏡をかけない。
道ですれ違ってもお互いに認識できない母息子なのだ[汗タラ・・])
っで次男が見たという竪穴式住居を拝見。
ほほ〜〜入ってみたいよなぁ〜〜[♪]

こういう生身の体験をすると歴史に興味がわくってもんよなぁ[晴れ・・]
実は、
ヤツ(次男坊主)は格好のブログネタ提供者なのだ。
本人は全く知らんけど。
歩くブログネタっていうのか・・

別ブログでは
ヤツのカテゴリーまで作っている。
年賀状から懐かしいの友達なんかが結構見てくれているブログなのだが
まぁ、ヤツのネタは受ける。

なので、この前も
ネタを提供してくれてありがとうの気持ちを胸に秘め、
某○○ゼミからの図書カード1,000円分を進呈させていただいた[♪]