発熱にて欠席の次男

インフルエンザが蔓延している中、発熱とくればインフルエンザかなぁ〜とは
思ったが・・・・

昨日、朝、学校行く前になんやしんどそう。
1月末に学校で発熱。仕事中、学校からお迎え要請の電話。
同じことをされるのはかなんなぁと
「今日は休もうか。」と体温計に手を延ばす。

37.9度。
微妙やなぁ。
これから上がるのか?
即刻病院って手もあるが、
前回、発熱から8時間たら9時間足らずではインフルエンザの反応が出ないと
反応の出なかったが
インフルエンザにしたいのかというニュアンスの診察を受けた。

今、連れていったかて同じことの繰り返し。
ならば、夕方まで様子をみてからにしようと
腹をくくり、出勤日の振り替えを申し出る。
2月も半ばを過ぎているので、何が何でも本日出勤しやなという状況ではないのが救い。
金曜日出勤の段取りをつけ腰を入れて看病の日と決める。

昼過ぎには38.8度と熱が上がってきた。
ん〜〜やっぱりインフルエンザか?と思い悩む。
食欲はある。
夕方、病院に行く準備と診察券を出してきて
えらいことに気づく。
いつもお世話になっている病院。
水曜日は終日休診と診察券に記載されていた。

こうなったら、前回処方してもらった
インフルエンザにも効く(効果は弱い)風邪薬である漢方薬の
“麻黄湯”が残っているので
それを飲ませて今晩はしのごうと決める。

結局、その体温を夜までキープ。
少量のお湯で溶いた麻黄湯を飲ませる。
漢方薬の独特な匂いを放つそれは
前回、どんな味と興味津々、ちょっと舐めてみた私ですら
こら、あかんって代物。
薬嫌いな次男坊主には過酷そのもの。
鼻をつまんで必死に口に流し込む彼の耳元で私は囁く。
「吐いたら承知せ〜へんで」と。

何が嫌いって
病院で看護婦さんやお医者さんの手を煩わす子供。
注射をするの嫌やとかやたら泣き叫ぶ子供。
病院や、みなしんどいねん。静かにしろって思うわけで、
そんなに元気なら家で養生しろとも思うわけで、
患者の心得が出来てない大人も子供も嫌い。

なので、我が子にも
病気や、薬飲まなあかんねん。
ぐたぐた云わんと飲むという気持ちから
「吐いたら承知せ〜へんで」となるわけです。

さてさて、その麻黄湯ってよ〜効く。
薬を処方されたらネットで効用と副作用を調べてからと思う私は
麻黄湯の効用も調べ済みでの服用。
服用後、1時間で37度台に下がり、2時間で37.1度。
前回より効き目が顕著に現れたということは
前回より病気の症状は軽いってことかと想像する。

今朝の体温は37.7度始まりで
「お腹減ったぁ〜〜」の声に朝食後
恐怖の麻黄湯を飲ませ36度台になる。
今朝、病院に連れて行く予定変更ですわ。

やたら鼻水を垂らしながらトイレでゆるゆるを出してきた模様の彼は
暇を持て余している風。
今日、この状況をキープでも
明日は様子見るために欠席させよかともくろむ。
私は出勤するが・・・
なんせ、月末に控えているミニバス本大会がある。
そこに焦点を合わすのが、今の彼にはベストかな。

言葉、知らんわぁ〜

と反省ですわ。

先週のエル大阪での合同説明会で独立法人○○のなんとかさんが
PowerPointでプレゼンをしてはるのやけど、
そこで発せられる言葉。
資料に書かれている言葉。

ん〜〜なんとはなしに話の流れでこんな意味かいなとは想像はつくが
本当のところがわからない。
言葉知らんわぁ〜と我ながら情けない思いを抱きつつ、
ここに座ってはるおっちゃん達はわかってはるのやろか?って
わかってはるならすごいなぁとか、
主婦道を極めることもできない中途半端な私は慄く[汗タラ・・]
ちなみに主婦道ってはですねぇ。
私の勝手な見解ですが、主婦としてご近所の奥様連中、
子供の親関係等々、
幅広く、顔広く、女根性まっしぐらな人のこと云う。
女だらけの中で生きていく根性がない
私はすっかり主婦道から一脱しているという中途半端な主婦という感じか。

なので、おっちゃん連中に混じってなんやよ〜わからん合同説明会に出席し
どういう意味やねんって言葉に出合う。
あ〜辞書片手に出席すればよかったなぁ。
これが家なら早速辞書か
ネットでグーグル検索やん。

で、その言葉とは
【フェーズ】
段階。局面。
プロジェクト全体に対してそれよりも小さな期間・規模でプロジェクトを区切った単位。
【ブラッシュアップ】
みがき上げること。
学問などの再勉強や鈍った腕や技のみがき直し。また、一定のレベルに達した状態からさらにみがきをかけること。

なのか・・・
昔、学生のときに英語の時間に習ったかも・・・とは思うが
すでに私には遠い昔のこと。
学生の時代、それなりに勉学に励んだはずやのにこれかと情けない。

なので子供達には、モノを知らないより知っているほうがいろんな考え方ができる。
引き出しをたくさん持ってるほうがいいと
勉強とはその引き出しの数を増やす為にするとコンコンと説く。

意味がわかればプレゼンの内容もよりよく理解できたのにと悔やまれる。

しかし、まぁ、いくつになっても勉強する姿勢だけは持っていたいものだと
切に実感した次第でございます。

そうそう・・・・
この前の日曜日、四角い顔したおっちゃんに
私は新しい言葉を教えてやった。
そう、教えてやったのさ[びっくり]
破壊的と建設的という言葉。
彼はきっとあちこちでこの言葉を連呼するに違いない。
すでに私の前で連呼していたし。
「私はいつでも建設的に物事を考えている。ただそれが破壊的に見えるときもあるが」という話をした。
したらそれに乗っかって
「僕もそうですわぁ。破壊的に見えて建設的なんですわ」と
ん〜〜意味わかってのんか[はてな]
アンタの考え方はいつでも破壊的やんとは心の中で突っ込んだ言葉。