記録を残す

とりあえず12日に説得をして介護申請へと持って行くための資料作り。

有馬の父のときも先日の母のときも
介護申請時に提出する意見書は私が記入。
今回、義母の場合、本来なら義父のみであろうが
言い出しっぺがこちらということもあり、
こちらにも意見書が送られてきている。

日本全国共通の内容だが
通り一遍のこの用紙に記入できる箇所はない。
一緒に暮らしていないので回答のしようがない。

ほかに気なる点を別紙にまとめるいうことでせっせと書き出す。
2年ほど前からの意味不明の電話の件から時系列に書き出す。
一人息子ゆえ、可愛いってしゃ〜ないのはわかるが
それはないやろ?という常識を逸脱している電話のことなんぞ。

思え起こせば、
あの頃から発症していたのであろうとすればすでに2年経過。

そして本日も電話がなるであろうと構えていたがいっこうにならず。
旦那から電話。
お昼過ぎから3回ほど電話をしているが出ない。
どこかに出かけているとのこと。
どこにいったんや?大丈夫か?とそれもまた心配になる。

旦那も私も仕事にならんがな・・・。

こんなことになるから、
早く介護の申請をしてケアマネさんについてもらってと思うのだ。

全く、子の心、親知らずとはこのこと。
まぁ、本来は逆やけど、
親も高齢になると保護者的に立場になるのは子どもやし。
そこんとこ認識して、
親として慎ましやかになりなはれと思う今日このごろ。

うちのお母ちゃんも相変わらず、
ぼんくら兄貴が可愛いてしゃ〜ないようで
私のところに兄貴から電話があったか?と尋ねる。

知らんがな。
50や。
どないなとしよるやろ?
我が身のことは私に委ねるくせに、人の心配している場合やない!

人には二通りあって
どこに行っても、どんな場面でも
人を頼る人と
人に頼られる人。

私は後者。
けっ!やってられまへん[プチッ2]

Androidアプリ

面白そうなアプリを見つけたらとりあえず入れてみる。
使ってみる。
っで、やっぱあ〜イランわぁ〜となるとほる。

いっちょかみの私はとりあえずあれこれ手を出すが、
TV関係、音楽関係は iTunesとwifi経由で曲を同期する「WIFI Tunes Sync」ぐらい。
これでとりあえず、 iPod nanoが電池切れして耳寂しいときに対処出来る。

もともと家でもTVをつけないのに
外に出てまでTVはいらんやろの私には
ワンセグはいらんかったか?と思うが、いちおう、一回だけ試したみた。

ていうか、スマホでTV観たり、
音楽聞いたりしたら、一気に電池がのうなってまう。
それは肝心なときに困る。
今、私の携帯番号は親の病院や介護関係、当然仕事先も、
電話がかかってくる。
そんときに電池がおまへんではシャレならんでという話。
だが、わが旦那。
やつも仕事で携帯電話として大活躍のスマホなのに、
やたら音楽関係のわけのわからんアプリを入れる。

英語で書いてあるからわからんっていうて
私に使い方を聞いてくるが
知らんがな。

そのアプリを私が使っているならなんなりと説明するが
どういうものかも全く知らんのに
いきなりアプリの画面を見せられ、
これどうするん?って
知らんがな!

私に聞いたらなんでも解決すると思ってはるので困る。
知的財産は高いちゅうねん。
私の時給は高いでとも言いたい。

ここはいうとかなと
英語の訳のわからんアプリ、あれこれ入れんほうがいいで。
ウイルスにやられるで。
ウイルス対策のアプリは入れてるん?

入れてない。

こわっ〜〜〜

まずはそこやろ。それを入れてからあれこれアプリを入れやな・・・と思うが
よそさんのスマホ。
知らん!知らん!

私は家中のPCのメンテナンスだけでも大変なわけで、
旦那のスマホのメンテナンスまでできまへん。
そんなことも自分ででけへんねんやったらガラケーに戻りなはれ。

私のスマホは私のPC同様、整理整頓されている。
スマホで撮った画像は、
wifi経由で「Sweet Home」アプリで、
ネットワークハードディスクにコピー。
どのPCからも取り出せるという環境。

そう、この1日のPLの花火がどんどんあがっている時間に
めでたくこの世に誕生した長男も
なんとセブンティーンになりはって、
そのお祝いのショートケーキを
私のスマホで撮影。
wifi経由でこれ⬇

cake20110801.jpg

いちいちUSBでつないだりなんて面倒くさいことはせんかてええって
すばらしい!

バタークリーム、生クリームが苦手な私は
二口ほど頂いて、
だれかいる?と次男に委ねる。