三者懇談

昨日は京都での講習会。
メルパルク京都はJR京都駅前なので、
祇園祭の前の京都を
素通りした感じで、
終わったら即、帰路。

駅前でおたべだけ帰って帰る。
私はこのニッキが大好きなので、
家用なので5個入りのをニッキふた袋とチョコバナナなるものをひと袋。
otabe.jpg

本日は午後から長男の三者懇談。
数日前に持ち帰った定期試験の成績表を踏まえての
大学受験の話。
相変わらず、生活面・性格面は問題なく、
勉強面も自学習慣がついているので、このままがんばるようにと
京大出身の担任が云う。

さすが、京大。
ポッと出る語彙が違う。
その京大出の担任はやたら長男を買ってくれる。

数年前に京大を受験したであろう若い担任やけど、
その経験でか、
若いからという不安はなく、
大学受験のもっかの懸案事案を相談しても
的確な回答。

懸案事案というほど大層なものやないねんけど。
第一志望受験において、
本人が迷いだしている、塾もしくは予備校通いについて。
いままで、塾に行った経験がなく、
行く気もなかったのに、
必要かどうか迷っているという言葉を聞いて、
本人ともども、
センター試験攻略のテクニックというか
そういう情報を得るためには
塾もしくは予備校も視野に入れる必要があるかもと思っている趣旨を話す。

京大出身の担任(女子)は
塾等には行ったことがないという。
そうでしょう。
中学からトップ校私学に通ってはるねんし。

その時のクラスメートで
京大の理学部を高3の夏休みの夏期講習だけで合格した子がいてたと。
自分で勉強スタイルができている子は
塾のさわりだけで
そのテクニックを身につけあとは自分で勉強したら大丈夫という話。

で、わが長男は
部活もあるし、時間的・体力的に塾・予備校通いは厳しいものがある。
3年の春休みぐらいから考えてもいいかも・・・
今は基礎固めをしっかりするのが大切とのこと。

本人も自らの言葉で
志望校名と学部を云った手前、がんばるであろう。
メンタル面は見かけとは正反対に芯がしっかりしているしと
しばらくは現状維持。

高校時代は
部活に文化祭に・・・と
学校生活をエンジョイしつつ、勉学に励めと思う私なので。

担任が
しっかり自立していると太鼓判を押してくれた長男は
自分で考えて勉強するであろうからいいんやけど、
問題は来週、三者懇談を控える中3の二男。
今もむこうで部活で疲れた身体をもちこたえられず、
爆睡中。
ヤツやねんなぁ、問題は。

今朝、私は宣言する。
「悪いけど、先が見えてる高齢者より
これから先が長い若人を育てあげることのほうが大事。
このあと半年は母さんも本気になる!」と
次男の高校受験対応に力を注ぐ宣言をする。

悪いようにはせんのに
いうこと聞かへんヤツがはるか地方にいてる。
ほんまなぁ、老いては子に従えちゅうねんという話。
云うこときかへんねんやったら勝手にせぇやという気分になりつつある
私なのである。

私は来週は宮津行。
往復切符も昨日の帰りに用意した。
7月は講習を3つこなし、
母の引っ越し・入院・手術・退院。
そして最終には介護申請の訪問調査の予定も入った。
めっさハードな7月を過ごしているねん。
しょうもないことでわずらわさんといてくれと
はるか西に向いてシャウト!!