ハリーポッターを観に行く

恒例の次男坊主との映画鑑賞に
今回はハリーポッター好き長男とハリーポッターはよ〜わからん娘がついてきた。

例によって
なんばパークスでチケットをネット予約して向かう。
予約することもなく午前1番の部は空席あり。

いきなり、命を狙われているハリーという設定で始まったが
なんで命が狙われているのかがわからん・・・という私。
長男曰くに前作を観てへんからや・・・らしいが。

ハリーのおっさんぶり(成長ぶり?)と
ロンの成長ぶり(めちゃでかい)に年月を感じる。
今回のはpart1でpart2が春休みだか夏休みだかにあるらしいが
連続ドラマ風 to be continued で
1週間後が限度。
それ以上は覚えてへんがな・・・という状況。
長丁場(10時10分から12時50分まで)ゆえ、最後のクレジットの途中で席をそろ〜と
立ち、お昼ご飯へと急ぐ。

以前、次男坊主と映画鑑賞をしたあとに入った
串カツ食べ放題のお店。
ぜったいに元を取るであろう長男を連れてきてやろうと思っていたので
そこへ急ぐ。

前日にぐるなびで入手したクーポン券で
ソフトドリンクバー無料と30分時間延長がつき
余裕のよっちゃん。
予想どおり次から次へとあれこれ口にいれる長男。
見た目の割によ〜さん食べる。
いつまでたってもお子ちゃまの次男坊主は
ねえちゃんと二人でレザートを楽しむ。

2月にオーストラリアに3週間のホームステイに行く娘
(お嬢様女子大に行かすと大変。昨日も一人お嬢様みたいな服着てるし・・・)が
円をオーストラリアドルに換えるっていうので
外貨交換をしに行く。

ボクなんて二度と見られへんかもしれへんし・・・って
匂いをかぐ次男。
あんたも行きたかったら行ったらええがな・・と思うが
そういう根性はない。

心斎橋に足を伸ばし、
息子二人のジーンズを買いに行く。
上のシャツは私が適当に買えるが
ジーンズははいてみんとわからんしで
こういう機会やないと買えない。

長男は私服通学やから多少値が張っても価値はあるが
次男は休みの日以外は必要ない身分。
なのでセール品を探すが
なんせサイズが小さいからなかなかない。
ジュニアでもなく大人用やとなかなか見つからない。

サイズがあればその色は嫌とぬかす。
が次男坊主はセンスがない。
これかわいいやんと娘と二人でいうが譲らん。
かというて、これがいいという好みもない。
姉ちゃんと母さんがいうたんでええわ・・やねんけど
この色は嫌とぬかす。
それがベージュ。

裾合わせをしてくれる店員さん。
いまどきのお兄ちゃんはベージュのタイトなパンツにブーツとかわいい恰好。
「ベージュは人気なんですわ!よ〜出てます。かわいいっすよねぇ。」とおっしゃる。
「かわいいよなぁ、そやのにこの子嫌やねんて、センスないねん!」
「そうっすかぁ・・・」と兄ちゃん。

そんなこんなで散財の昨日。
私のものは何一つ買っておらず・・・・
ええねん、特に今欲しいもんもないしと5年前に買ったお気に入りのセーターに身をつつむ。

そうそう、前夜のお通夜。
久しぶりに会った幼馴染。
独身の方はそんなに変わらずだが
離婚した方は本人には言うてへんが
同じ年と思われへんというふけ方。

本人いわく
こっちは独身で子どもがいてない。
こっち(私)とは子どもの年齢がちがう。
かららしい。

23と21の子どもがいてるのと
18と16と14の子どもとでは
違うか・・・・

そうよなぁ、ハリーポッターは観に行かんわなぁ。

おまけに介護職やから
接するのはご高齢者ときてはる。
私みたいにPTAで30代にお母様方と接することもなかろうと
そのあたりか?

と思ってみたり、
でも彼女の実家は総出(両親、兄一家)で参列していて
そことも久しぶりの再会。
うちの兄ちゃんと同じ年の
そこの兄ちゃんのふけ方も尋常ではなく
うちの母より10は若いはずのおばちゃんのふけ方も尋常ではない。

うちの兄ちゃんは下手したら私より若いんとちがうか?というぐらい
白髪もないという感じやから
10歳は違うであろう
幼馴染の兄ちゃん。
まぁ、ここもすでに成人の子が2人やもんなぉ。
うちの兄ちゃんは下がまだ小学生低学年ときている。

そんなこんなで
年賀状もまだ作成しておらず、
大掃除もしておらず
大晦日を迎えてしまった私でございます。
いかんなぁ・・・・