主婦道を極める?

昨日はPTAの会議があった。
会議というても、レジメが用意されていて
それに従って話し合われていくというものではなく、
主婦の井戸端会議的なもので、
毎度のことながら
終わってから、
さて、今回の会議で決まったことは・・・って模索してしまう。

とりあえず、結局のところ、
ここはこうしたいという意見を云うたもん勝ちで
それについての意見交換はおこなわれないので
決め事の段になると
独壇場でケリをつけるしかない。

まぁ、ええねんけど・・・・
我が子が仲良くしている子どもの名前すら
聞いてもすぐどっかに行ってしまう私からしたら
どこからそんな情報を仕入れてくるのかと思うぐらいの
子どもネタ、保護者ネタ、先生ネタ満載の井戸端会議。

この会議にくると
私はいわゆる主婦道を極めていない?って
主婦道マイナス90点ぐらいなわが身を実感する。

びっくりするぐらいの情報を網羅して
それを得るためにあちらこちらに接点を設けているであろうと想像すると
ある種、尊敬の念を抱いてしまう。

PTAの役員をしなければ
まったくもって知らない世界の話を仕入れて帰ってくる。

まぁ、この地域の特異さもあるかもとは
いつも思うことやねんけど。
代々ここに住んでいます。
親子で小学校・中学校を共有している。
なんて地域密接型学校なわけやから。

これは外モノのひがみ・妬み・嫉み?
いや〜結局のところ、

年賀状の申し込み用紙

昨日は仕事。
私の留守中に届いた、郵便ポストの貯金箱と年賀状申し込み用紙。
ただいま、試験中の長男がお昼過ぎに在宅していて
郵便局のおっちゃんから受け取った様子。

商品発送時に集荷に来てくれて、仲良くなったおっちゃん。
最近は有馬行きやらでなかなかこっちの仕事ができず
ご無沙汰しているが、
こうやって季節の折々にひょこっと現れては
郵便局の贈り物パンフをもってくる。
まぁ、いわゆる、セールス。

民営化になり、あれこれセールスが大変そうで、
よさげなものがあれば
我が家用に贈り物を申し込む。
差出人も受取人も私なんやけど・・・

そんなこんなでセールス営業に協力しているから
レトロな郵便ポストの貯金箱を持ってきてくれはる。
以前もらったその貯金箱に、
地デジ対応TVを買うための貯金をせっせとしている。
今のところ、来年の7月には間に合いそうもないが、
まぁ、その頃からその次に春までは
次男の高校受験ということでTV視聴禁止となるので
これ幸いと思っているのは私だけ?

年賀状の申し込み用紙を見て、気づく。
来年、私はめでたく年女やん。
で、晩御飯のときに
「来年は母さんが飛躍する年やわぁ。」という。
てか、同じ年の旦那も年男なわけで、
これは夫婦で一気に飛びあがるってことか・・・・

わけのわからん期待に胸が膨らむ私[キラキラ]