夏休みは学校訪問♪

練習試合であちらこちらの学校にお邪魔する機会が多い夏休み。
昨日、次男坊主は貸切バスに乗ってPL学園へ行く。
夏休みならでは、
ちょっと遠方に行くときは
貸切バスをチャーターして顧問の先生、部員、そして応援保護者が
それに乗って行くらしい。
私は行ったことがないので”らしい”なのだ。
っでチャーター代を全員で割る。
なので応援保護者がいたほうが一人の負担が少なくてすむ。
ってことは、親子で乗ると倍やんか・・・

夕方遅く帰宅の次男はご機嫌いまいち。
試合に出してもらえんかったのかと何もふれず
「お習字の日やで行ってき!」とだけ声をかける。
お習字から帰ってきて気持ちもこなれたのか、
「母さん、知ってる[はてな]」と自慢気に鼻をふくらませる。
「何を?」
「PLって何の略か?」
「知ってるで。パーフェクトリバティや[びっくり]」
っでちょっと出鼻をくじかれた次男。

道中のバスの中、友達から仕入れてネタやろう。
これは家に帰ったら自慢したるねんって思っていたであろうと察する。

「ほんだらなぁ、PLって宗教の学校やねんで。」
「知ってる[びっくり2]」
っで娘が
「知らんかったんはアンタだけ[びっくり2]」っで
ヤツは撃沈[ガ〜ン]

「あんなぁ〜」ってまだ続くか[ハビ]
「PLの塔なぁ、太陽の塔よりすごいで[びっくり2]」
ん〜〜〜何がどうすごいのかわからん。

「そやけど、めっちゃ広いねん。」
「私立やし、中学だけとちゃうもんなぁ」
「バス降りてから体育館までめちゃ歩かされた。」
(てか、あんたらも学校の門からキリンド前停車のバスまで歩いたやろ)
「それになぁ、体育館にはギャラリー席があるねん。すごいわ[びっくり2]」

っで、肝心の練習試合の話はナッシング。
私もあえて聞かない。
云いたいことがあれば聞かずともして云うヤツや。
試合のことよりPL学園に心躍ったというわけね。

まぁ、見聞を広めるってことで
あちらこちらの学校に行くのはおもろいわなぁ。

と同じ日。
長男はココから西へ自転車で15分ほど走ったところにある公立高校へ練習試合。
前日に副キャプからの連絡メール。
「明日行く学校は正直いうて、あまりよろしくない学校なので
問題を起こさないように注意してください。」と。

という学校なのだ。
娘に云わすと「天と地やなぁ」

ぺらぺらよ〜しゃべる長男が
「あんなぁ、今日、向こうの先生に怒られてん。」
「何したん?」
「行儀悪いって。自分らの高校は考える頭があるのに
もっと考えろ[びっくり2]って。聞く態度がなってないって
キャプテンと副キャプがえらい怒られてた。」
(こっちは顧問の引率なしやしなぁ。)
「そりゃ、聞く態度がなってなかったらあかんわな。
てか、その考える頭があるってクダリはどうなん?」

「っで揉め事は起こらんかったん?茶髪の子とかいてた?」
「何も起こらんかったで。
髪の毛、染めたらあかんらしいから一人以外は普通やった。
その一人はキンキンの頭やったで。すごかった。」と

「更衣室の中を通らな体育館にはいられへんかってん。」
(他にルートあるやろ。そんな学校あるか?)
「向こう、部員が少ないしこっちは体育館工事で使われへんから
夏休みの間、4,5回は練習試合に行くねんて」っていうから
「ええやん。あんた近いから。」

ヤツは学校で夏期講習を受けてからの途中参加やったので
思うように練習できなかったのが不服の様子。
「明日は講習、出やんと練習しに行く」と
本日もその高校で練習試合。

数日前は自分らの学校近辺の
ハイレベルな私立高校へ練習試合にお邪魔し
学校の綺麗さにおののいて帰ってきた。

ていうか、
なんで2人とも肝心なバスケの話はし〜ひんねん[びっくり2]

左足かかと負傷(>_<)

ゴミの日の今朝、ベランダの大きいゴミ箱からゴミ袋を取り出しに行く。
ゴミ袋をもって戻るとき、
割れ物ガラスを置いてあるところに左足かかとがあたる。

ガツンと鈍痛が走り、
見るとぐさっとえぐれてる。
真っ赤な血が湧き出てきた。
(真っ赤でよかったわぁ。これミドリや黄色やったらエイリアン[ハビ])

血を垂らしつつ
ゴミ袋を持ち、
部屋の入り口、サッシのところにたどり着く。

ふと、目の先には
本日お休みの旦那が見積書作成にPCに向かっている。
その先には次男が歯ブラシ。
ちょいと大げさに
「えらいこっちゃ[びっくり2]」というが
誰にも相手されず。

かかとはズキズキするし
心臓が幾分ドキドキする。
こうやって血が流れでて血の流れが早くなっているからドキドキするのか?
このまま流れるままに血を止めずにいたら貧血になるのやろか?
と思いつつ、
部屋の中に血の跡を残して殺人現場になるのはよくないと
次男を呼ぶ。

「ちょっと、ティッシュとバンドエイドを取って」という。
ティッシュ、2,3枚引き抜いたヤツは
ちらっと私のかかとを見たが、スルーして戻る。

「足らん[びっくり2]ティッシュ、箱ごとや[びっくり2]」とシャウト。

その声に、旦那がちらっと私のかかとを見るがここもまたスルー。

なんせ血が怖い二人。
近所の整形外科で指をふた針縫うのに
麻酔の段階で気を失いかけた二人やった。

くっそぉ〜〜〜
こういうときに頼りになる、見た目は優しげやけど根性あるでっていう長男は
トイレに引きこもり。
朝、トイレに入ると20分は出てこない。
娘は学校行きのためまつ毛と奮闘中。

まぁな、最初っから誰もアテにしてへんけどと気を取り直し、
血を押さえ、バンドエイドは6枚貼ったった[ちょき]
これでええやろ[ハビ]

これでええけど、歩くのにかかとをトンを床に下ろすとグワンと痛い。
まぁ、これは別にたいしたことないけど
靴・・・はかれへんやん。
げ〜〜〜

とりあえず、近日外出予定は土曜日の有馬行き。
まぁ、それまでにはなんとかなるやろ。
でもな・・・年とともにこういう傷の治りに時間がかかるという現実がある。