3年前を思い起こす。

明日は娘が高校を卒業する。
おとつい、公立高校前期入試の合格発表があった。
なかなか厳しい状況だったらしい。
落ちた子の今後の対応に先生も大変だと耳にして
娘の時のことを思い出す。

合格発表の翌日の説明会と制服採寸。
あれこれ終えて夕暮れ迫る田舎道を歩きながら
3年間、ここまで通うんや・・・と泣きそうになったわ、母さんと
最近、娘に打ち明ける。

よ〜3年間、通ったなぁ・・・
という思い。
私なら、街中にある学校を選ぶのに・・・

それでも、この3年間でかなり成長した娘。
公立高校にしては規律の厳しい学校で、
毎日の自宅学習時間を1週間単位で提出なんてのもあった。
自学時間はクラス1なのに、それに比例しない娘の成績に
担任もこんなに頑張ってるのになぁ・・・なんていう言葉もあった。
いや、それは彼女の実力なので致し方ない。
でも、高校受験も短大受験も努力の結果がでているし、
努力すれば叶うとういのを本人が一番認識できているのが成果。
荷が重過ぎる部活キャプテンもきちんとやり終えたのもええ経験。

こんな田んぼの中の高校に・・・・なんて思った私やけど、
娘にとってはここでの3年間は意義のあったものと
明日の卒業式を前にしみじみ思う。

やっぱり、高校生活は人生の中で
そこで得る友情や経験はあとあと自分の糧になるよなぁ。

しかし、子どもがこうやって成長するってことは
私も同じように年齢を重ねているってこと。
あ〜〜白髪も増えるわ。
てなことで、明日の卒業式にむけ朝から毛染め。
ブラシを当てると白髪だけ検知してそれだけ抜くなんて画期的なブラシ、
誰か発明してくれんかなぁ・・・