NHKというのは何様?

母のところにしつこく届くNHKからの請求書。今のハイツに転居後、入退院を繰り返していた時の分。その後、私のクレジット払いの手続き済み。
その請求書を送り付けないよう電話した。

最初のお姉ちゃんは「お母様は車にカーナビはお持ちではないですか?パソコンはお持ちじゃないですか?携帯ではテレビはみませんか?」と。

81歳の母親や、老々介護で鬱になりかけて病院通いしているっていうているのに。なめてんのんか?

話が進まんで、その姉ちゃん、担当者から電話させるという。

今度は母のところの地区のNHKのおっさんから電話。病院の領収書を提示しろという。

そんな法律があるんですか?

いや、そういうキマリなのです。

そのキマリを私は知っているんですか?そういう提示を今までみたことがありませんけれど。それはえらいNHKに都合のいいキマリですよね。すみませんけど、うちはいまだブラウン管TVでアナログですわ。それに受験生がいてるときはTVはつけないという我が家のキマリがあるのですけれど、そしたらそのTVをつけていない期間の受信料は返していただけるんですか?

それはそういう書類を出してもらったら・・・

(どういう書類やねん。我が家は受験生がいてる間はTVつけていませんってどんな書類があるねん。馬鹿たれ!!)

あのね、世間ではNHKの受信料支払ってへん人ようさんいてはるでしょ。うちはずっと支払っているんですわ。TVつけていなくても支払っているんですわ。今回も少ない年金生活している母のところの分を私が支払うようクレジットの手続きしているんですわ。それでいいんやないんですか!正直に電話してそれでなおかつこれですか!!正直者が馬鹿をみるってやつですか!正直に電話しやんと、請求書は無視しとけばよかったってことですよね?

いや、それは私の口からはいえませんけれど・・・

(とおっさんいいながら、それしか方法はないというニュアンス。)

ほんだら、そうさてもらいますわ!!!!

と電話を切る。

くそ腹立つNHK。時代は変わっているねん。何様やとおもっとんじゃ!

2 Responses to “NHKというのは何様?”

  1. おかん より:

    私らとは、スピードや感覚が違うんやろなぁ(-_-;)
    限られた予算の中でって言うより、足らんかったら出してもらうか、辞めたら良いやんって言う考え方見たいやから(;一_一)
    そら年々紅白も大河も朝ドラも視聴率落ちるわ(--〆)

    • cha*ko より:

      テレビを視聴する環境も多種多少になってきているねんし、ええ加減、抜本的に改革していかなあかんでNHKさんって感じや。
      いつまでたっても変わらへんのもどうかと思うわ。

Leave a Reply