私との結婚以来の父と息子の確執。

大阪行きを了承しない義父に最後通達をした旦那。
すでに契約済やからというた途端、
雄叫びをあげて電話を切ったという義父。

なぁ、なぁ、どんな雄叫び?と聞くと
言葉になっていない大声らしい。

自分の意にそぐわないと話しの途中で電話を切るというのは
義父母が認知症になる前からの習癖。
私も何度かその目にあったが、
旦那も何度もその目にあっている。

頭、おかしいねんと旦那がいう。

まぁな、ボケていなときから常識があるかというとないわなと私。

最近、発覚(私だけが知らなかったという事実)したが、
義母は兄貴が二人いた。
認知症になってからは、
やたら兄弟の話をするし、
その中で泥棒騒ぎで警察沙汰を起こした犯人はすでにこの世にいない兄貴に
したてあげて警官に訴えた義母。
私が義母から聞く兄貴の話は悪口ばっかり。

私たちが結婚するってときに
釣書を書けとのたもうた義父母。
私の分は私が書いた。
旦那の分は義母の字。

それによると義母は5人兄弟のはずが
最近の話しでは7人とか8人とか。
旦那にいうと、
兄貴が二人いてると。

釣書にはそんなん書いてなかったで。
上の兄貴は認知症の母親(義母の母親)を家から追い出したし
その下の兄貴とは折り合いが悪かったから書かんかったんやろ。と旦那。

それってえらい卑怯な話よなぁ。私のことは興信所を使って
お父ちゃん、お母ちゃんの実家まで調べに行って、自分らは嘘をついてるてな
20年前の話とはいえ、卑怯やわなぁ!と旦那を攻める。

興信所を使っても別段文句をつけるとこがなかったら
最後はマンッション住まいをしている父母をあげつらったという義父。

えらい大層な家で
えらい大層な息子と結婚したという私。

あほちゃう!

釣書に書くのを省いたのは義母のくせに
会えば、その話
挙げ句の果てに
○○(その兄貴に名前)って知っているじゃろ?って聞いてくる。
知らないって答えると
えっ知らんのか、話にならん子やのぉをそっぽを向く。

まぁボケてはるから別にそこは良しとしても
ボケていない時のその卑怯なマネは許せん私。

そしてその兄貴の息子(旦那とは血がつながっていない従兄弟、旦那より2つほど年上)が
大学に行ったから
自分とこ(うちの旦那)も大学に行かせやな!って思ったんじゃ!!って
あほみたいな話を切々と語る義母。

あ~~そういえば、
うちのお父ちゃんの兄貴も
私が短大に受かったとき、
本家(長男の兄貴)の娘が高卒やのに分家(次男のお父ちゃん)の娘が
大学に行くとはどういうことやねん!ってお母ちゃんは攻められたと
今頃聞かされた私。

知らんがな!そいつらは勉強ができんかったということやろ?!

そのおっさんは
しょうもない女子校の理事長と知り合いやからと
私が高校受験のときに口きいたろか?と抜かしよった。

いらんねん!っと
それを無視した私。
それが気に入らんかったか?
なんでそんなしょうない女子校に行かんならんねんと
私は滑り止めも受けずに志望校に受かったしな!

そして、そのしょうもない女子校には
私のぼんくら兄貴の長女がこの春入学しよった。
笑た・・・

話しを戻す。
なんせ、常識がない義父は
息子の結婚で
その相手の私の職場、朝の9時に電話をかけてきて
わけのわからんことをいうて
「いわれたことは一生忘れん!」と捨て台詞とともに電話を切った。
いわれたことは一生忘れんというのはお互いさまや!と思った私だが
その言葉だけは覚えているが電話の内容はすっかり記憶にない。

このあと、あんたとは結婚せん!と宣言。
すでに広島で就職(結婚したら広島に嫁ぐ予定やった)していた旦那は
一晩かけてやってきて、
頼むから結婚してくれ!と懇願。
頼まれたから結婚したという私。
情に弱い私。

そんなこんなもちょっとこっちに置いといて、
認知症になった義母を放置することはできず、
私の生活スタイルは守りつつ(仕事とか週一有馬に行くとか)なら
出来ることはするというスタンス。

この歩みよりがわからんか!!

腹立つから
ええやん、お義母さんだけ連れてこよ!お義父さんは1人で暮らしてもらったらいいやん!
っていうたら、
ここはやっぱり実の親子。
親父はどうするねん!!って旦那。

知らんがな。来たくないもんしゃ~ないんちゃうか?実の兄貴(伯父)もほっといたら?っていうているねんし。

まぁ、はっきりいうて、今のままのほうが楽やねん。月一の受診時にあんたが行くだけですんでる。これがこっちに来てもらったら手間取られるねん。それでもほっとからへんからこっちへというてるねん。そこの気持ちがわからんねんやったらほっとくしかないやろ!

という私の言葉を受けて、
冒頭の契約したからこっちにくるしかないという最後通達をした旦那。

別にまだ契約はしていないが、強行に出るにはそれしかないやろという私の意見を真に受けて最後通達をした旦那。
まぁ、義父は息子を後ろで操っているのは嫁やとわかっているやろうけど。
しか~し、結局、私のいう通りにするのが一番ベストな状況になっているのも確かな話。
しやから、旦那は私の意見で動く。

ボケた義母はボケる前のへんな片意地もなくなり
みっちゃん、頼りにしているなんていうたりもする。
そんなことをいわれたら、よっしゃまかしとき!ってなるのが私や。
悪いようにせぇ~へん。

私の意見で動くくせに時々勝手に動いてしょうもないことをする旦那。
私には黙って
仕事で必要な機械を買いたいと義父から30万もらって帰ってきよった。
認知症の親から金をせびるな!と怒鳴り、
私の目の前で
私に怒られたからとその30万返せ!と再び怒鳴った。
その通りにこの日曜日に
いわれた通りに返していた旦那。
過保護な親と甘えた息子の図式そのままんまやんけ!
子どもがマネしたらどうするねん!

そして、話は変わるが、
時間の概念がない人に頭いらっとした昨夜。
ええ加減にしろよ!という気持ち。

この時点でこの状況はないやろ?と
私がしやなあかん資料はいつもらえて、
最終、いつまでに仕上げやなあかんの?と聞いても
その返事がなく
トンチンカンな回答。

時間の調整をするからと理由までつけて
いつまでに仕上げやなあかんのか?
2回聞いて、
関係ない回答を出してくる。

人の話が理解できんのんか!とレスを返しそうになったから
昨夜はレスせず寝る。

私ができんかったらもう1人に頼むとかっていうから
もう1人の担当の箇所の出来上がり具合はどうなん?って聞いても
それにもレスなく
トンチンカンな回答を返してきてたし。

それだけを専属でやっているのとちがうねん。
おまけに無償やし。
口では体調大丈夫?とかいうけど
口と行動が伴っていないちゅうねん。

なので、今朝、そのもう1人に
進捗状況を確認してみた。
50%やと。
私は0%。
ということは全体で25%やん。
この時期にそれはない!
おまけに、私はそのもう1人がつくったものを
私が体裁を整えて最後形にするという作業があるねん。
これ、Excelで作ったものをIllustratorで仕上げるって作業。
コピペで簡単にすむようなものとちゃう。
ファイル形式がちゃうねん!

なのでそのもう1人に
来年も引き続きするなら、
もう1人PC作業を出来る人を入れてもらいや。
時間の配分が出来へん人やからしんどいでと老婆心ながら忠告をした。
したら、来年はわからん。もしかしたら会長するかも?と
わけのわからんレス。

現も前も同級生という話までもついてきた。

思わず、狭い世界で生きているねんなと返しそうなったので
レスはせずスマホから手を外す。

旦那の実家も田舎やけどここも田舎やと辟易した瞬間。

貯まりきった鬱憤をとりあえず吐いた・・・・
さぁ、仕事しよ・・・

Comments are closed.